施設概要

ホーム > 施設概要

すべてのいのちの虹になりたい

  • 生活困窮者支援の
    積極的推進

    経済的理由により適切な医療等が受けられない方々に対して、安心してより良い治療を受けていただくため、無料又は低額で診療を行う「無料低額診療事業」を明和病院にて行っています。

  • 最新の医療で
    地域に貢献

    最新の医療機器、高度な技術、手厚い看護。回復期・リハビリテーションと段階に合わせて対応し、常に患者様の立場に立った最適な医療を提供し、1日でも早く在宅復帰できる支援をしています。

  • 医療と福祉
    切れ目なく

    明和病院、明和苑、なでしこにより三重県中南部を中心とした保健・医療・福祉を総合的に提供しており、子どもから高齢者、および障害児者まで対応するサービスで地域貢献に力を入れています。

病院概要

開設者 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部三重県済生会 会長 鈴木 英敬
運営主体 社会福祉法人 恩賜財団 済生会明和病院
開設日 平成12年4月1日
施設長 山川紀子
入所施設 長期入所40床(療養介護20床・医療型障害児入所施設との併用20床)
併設短期入所専用10床
所在地 〒515-0312 三重県多気郡明和町大字上野435
Tel:0596-53-0010(代表) Fax:0596-53-0010
事業内容 医療型障害児入所施設、療養介護事業
医療併設型短期入所
児童発達支援・生活介護事業
重症心身障害児(者)相談支援事業(三重県委託事業)
イメージ

病院概要

済生会の「救療済生」の理念のもとに、重度の障害のある方々の生命を守り、それぞれの生活の質を向上するために、必要とされる医療と福祉の活用をはかり、豊かな地域生活が実現するように、地域の障害児・者の医療・福祉に貢献します。

なでしこの目標

  • わたくしたちは、重症心身障害児(者)のそれぞれのニーズに応じて、適切な医療、看護、療育、福祉サービスを提供いたします。
  • わたくしたちは、一人ひとりを大切にし、御家族の方々とともに、豊かな人生を全うできるよう支援いたします。
  • わたくしたちは、地域の医療機関、福祉施設、教育機関と連携し、地域生活が豊かになるように、地域の医療と福祉のネットワークの一翼を担います。

なでしこの課題

  • 入所の日課・部屋割り・行事などの見直しをはかる
  • 通所:学校卒業後の地域生活支援、学齢期の支援(夏休みなど)を支援していく
    就学前の療育支援:特に医療的ケアを要する在宅障害児・者の支援をはかる
  • 人事異動・職員配置・勤務体制・ボランティアなどの整備を図る

重症心身障害児(者)施設の医療・療育・福祉

理念は何故必要なのでしょうか。理念とは「何を最高のものとするのかについての根本的な考え方」であります。例えると、理念は国でいう憲法に相当します。憲法のない国は国を運営できません。施設も同様で理念のなき施設は無目的に何に向かって取り組んでいるのか分からない、言わば、その日送りの施設運営と言えます。誰もが経験したことがあると思いますが、目標なく取り組むことは本当に苦しいことです。職員が混乱するだけでなく、被害が施設利用者に直結する大問題でもあります。
守る会などの組織は理念を掲げて重症児(者)の療育に取り組んでいます。

フロア案内

イメージ

  • 大きな写真で見るイメージ創作物
  • 大きな写真で見るイメージ通所
  • 大きな写真で見るイメージ訓練器材
  • 大きな写真で見るイメージ脳波室
  • 大きな写真で見るイメージ家族室
  • 大きな写真で見るイメージスヌーズレン
  • 大きな写真で見るイメージ歯科治療室
  • 大きな写真で見るイメージ浴室
  • 大きな写真で見るイメージ屋外訓練場
  • 大きな写真で見るイメージ屋外風景
  • 大きな写真で見るイメージ病室4床
  • 大きな写真で見るイメージナースステーション
© 2016 三重県済生会明和病院 なでしこ
先頭へ