看護部長あいさつ

ごあいさつ

回復期リハビリテーション病棟を主体とし
24時間患者様に寄り添い、
チーム医療の中で多職種と連携を密に行っています。

平成27年2月に新築病院が全て完成いたしました。工事中は何かとご不自由をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。病室のどこから見ても、木々の緑が感じられ回復力が高められる新しい環境となりました。
看護部は済生会の「救療済生」の精神に基づき、明和病院の「理念」が実現できるように目指しています。患者様一人ひとりを大切にし、安全で安心できる看護・介護の質の向上に努めています。
当院は回復期リハビリテーション病棟を主体としており24時間患者様に寄り添い、チーム医療の中で多職種と連携を密に行い、病気や障害のある患者様一人ひとりに合わせた自立への援助、生活の質の向上に繋がる安心できる看護・介護を提供できるように教育に取り組んでいます。
患者様のできることが、1つでも増えることを共に喜び、あなたに会えてよかったと思える看護をしていきたいと思います。

看護の力が発揮できるいろいろな部署
があり、きっとあなたに合った看護が
見つけられる病院です。

病院も新しくなり働きやすい環境です。様々な勤務形態も準備しています。明和病院グループは、地域の方の医療と福祉を包括的に支援していける施設です。
病院だけではなく、重症心身障がい児(者)施設「なでしこ」、介護老人福祉施設「明和苑」、訪問看護ステーション、通所系事業所があり看護の力が発揮できるいろいろな部署があります。きっとあなたに合った看護が見つけられる病院です。
私たちと一緒に、心の通うあたたかい看護をしていきませんか。
随時見学を行っておりますので、看護職・介護職を希望されます方はまず当院担当者までご連絡ください。お待ちしております。

イメージ

済生会明和病院 看護部長 栁瀬眞弓

看護部の理念

私たちは、病院の理念に基づき、思いやりのある質の高い看護・介護を提供します。

●目的
  • 地域住民のニーズに応える医療・保健・福祉を総合的にとらえ、地域医療に貢献する。
  • 障害をもった方一人ひとりを大切にし、患者様の自立を支援する。
  • あたたかい心の通う看護ができる豊かな感性を養う。
  • 専門職として看護・介護の質を高めるため自己啓発に努める。
●目標
  • 個々の患者様の身体的・心理的・社会的なニーズを的確にとらえた看護及び介護を展開する。
  • 患者様の生活の質に視点をおいた自立への援助を行う。
  • 細心の注意を払い安全に留意し、事故防止と感染防止を実施する。
  • 患者様にあたたかい言葉、態度、思いやりの心をもって対応する。
  • 院内、院外教育などへ積極的に参加し、看護・介護職員の質の向上に努める。
  • 職員一人ひとりが経営意識をもち、業務の改善を実施する。
  • 適切な報告、連絡、相談ができる。
  • やりがいをもって働き続けることができる職場環境づくりを行う。

平成28年度看護部目標

  • ●看護・介護の質向上を図り、安心できる看護・介護を実践します。
  • ●全ての人に対して、思いやりを持って、あたたかく接していきます。
  • ●「お互いさま意識」を持ち、働きやすい職場環境作りを行います。
  • ●済生会明和医療福祉グループの職員として地域との連携を密にはかり、医療・福祉に貢献します。

看護部の概要

●看護体制

一般病棟84床(なでしこ50床を含む)

  • 一般病棟入院基本料13:1
  • 障害者施設等入院基本料13:1

回復期リハビリテーション病棟180床

  • 回復期リハビリテーション病棟入院基本料15:1

●看護部職員数

看護師78名 非常勤31名
准看護師24名 非常勤5名
介護福祉士95名 非常勤5名
ケアワーカー28名 非常勤11名

●勤務体制

2交代勤務

  • 日勤 8:30〜17:00
  • 夜勤 16:30〜9:00

部署により早出・遅出勤務あります。

休日 週休2日制(病棟は交代制勤務)

●勤務体制

チームナーシング
一部 機能別看護

看護部組織図

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

2階西病棟

イメージ

病床数は34床の一般病棟で、看護体制は13:1をとっています。患者様は、回復期リハ病棟への転棟予定者・ADL全介助の患者など、様々な状況の方が混在しています。したがって看護師は多方面に目が届くことが求められるのですが・・・
その点については、20代~各年代の看護師が現在勤務しており、お互い助け合って仕事をしています。 新人看護師も病棟全体で育てていこうとスタッフ全員がかかわっています。子育て中の看護師も多く、昼休憩中は先輩からいろんなアドバイスももらえます。急性期のような慌ただしさのないぶん、ゆっくりと患者様と向き合った看護ができます。

3階西病棟

イメージ

回復期リハビリテーション病棟です。病棟は元気と笑顔溢れるスタッフが、患者様の日常生活動作の看護・介護をさせていただいています。病室からは緑がたくさん見え、のんびりとした環境の中リハビリテーションが円滑に行えるよう努めています。
普段私逹が家庭で行っていることを入院中の患者様は行います。患者様の可能な最大限の力が発揮できるよう援助していきますが、私逹の病棟は、患者様の趣味も見逃しません。
歌を唄うこと、折り紙、将棋と可能な限りの時間を使い、患者様の個々に合わせたレクリェーションを行います。そうするとリハビリに繋がり、患者様に笑顔が溢れます。その笑顔とリハビリテーションが円滑に進むのを見ることで、私たちの病棟も元気になっていきます。医師、リハビリスタッフ等、多職種と共に、チームの一員として一緒に働きませんか?

3階東病棟

イメージ

回復期リハビリテーション病棟45床です。急性期病院からリハビリ目的で転院されてくる患者様は「早く自宅に帰りたい」という思いで一生懸命です。私たち看護師は、そんな患者様の思いを汲み取り在宅復帰を目指して援助しています。
急性期病院のような慌ただしさに追われることがなくゆっくり患者様に関わることができ、車椅子で入院した患者様が歩いて在宅退院するところまで関わることができ充実感にあふれています。回復期リハビリテーション病棟は、患者様と共に回復の過程を喜び感じることができる素晴らしい病棟です。
回復期リハビリテーション病棟では医師をはじめリハビリスタッフやソーシャルワーカーと連携を取りながら看護しています。他職種とも仲良く協働できる職場です!

4階西病棟

イメージ

機能障害の軽減、ADL向上と在宅復帰を目標にリハビリを行う回復期リハビリテーション病棟です。患者さまに対して、医療専門職がチームを組み、食事・排泄・歩行・着替え・歩行・言語コミュニケーション・入浴などの日常生活動作を身に付けるための支援を行なっています。
そして、各職種(医師・看護師・介護士・各種療法士・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカーなど)が連携を取り合い「一人はみんなのために、みんなは一人のために」One for All , All for Oneの協力のこころで、チームアプローチによる質の高いチーム医療を目指し、患者さまのADLの改善に努力しています。
病棟職員の年齢層は高めですが、ベテランの味を出した看護をしており、職員間は元気に挨拶を交わし、家庭的で明るく暖かい協力しあえる雰囲気の病棟です。

4階東病棟

イメージ

45床の回復期リハビリテーション病棟です。入院時から退院後の生活を見据え早期の在宅復帰を目指しそれぞれの専門職が連携をとり支援しています。そのなかでも看護師は24時間患者に寄り添い、患者の思いに沿って支えていく重要な役割を担っています。病棟では毎日15分程度ショートカンファレンスを持ち、より良い看護、介護が提供できるよう情報共有や意見交換を行っています。
当病棟は若いスタッフや子育てママさんも多く、活気がありチームワーク抜群です。また新採用者には一日も早く職場環境に慣れるようスタッフ一丸でサポートしています。
病院も新しくなり環境もよくなりました。4階からの緑豊かな景色に癒される毎日です。若さをパワーにあたたかい看護、介護を提供していきます。

© 2016 三重県済生会明和病院 看護部
先頭へ